ササキハウス

二世帯住宅 二世帯住宅

施工事例 完全同居タイプ

ウッドデッキに笑顔が集まる家

ダイニングも一つ。お風呂も一つ。玄関も共有する完全同居型の二世帯住宅です。親世帯と子世帯があくまで仲良く同居する事を前提にしながら、個室だけを別々にし、お互いのプライバシーは尊重する。大家族で気兼ねなく暮らしたい方へおすすめのタイプです。
(山形県天童市)

憩いの場のある、贅沢な暮らしの空間

洋風な外観の中に、和の雰囲気を持つ黒のサッシが映える和洋折衷の住宅です。
家の奥まで光が届く大きな窓と、高断熱仕様による厚みのある屋根がアクセント。施主様こだわりのウッドデッキが、その個性を演出しています。扉を開けると広がる大きな玄関ホールを中心に、憩いの場となるリビングダイニングと二間続きの和室が広がります。
またオール電化の暖房機をバランス良く設置することで、冬場は家中どこにいても温度差のない快適な住まいを実現しています。

環境を贅沢に活かしたアウトドアスペース

施主様が最も力を入れたのは、リビングからつながるウッドデッキスペース。自宅にいながら、すぐとなりの畑で栽培している野菜を使ってバーベキューを楽しむこともできる、山形の環境ならではの贅沢な空間です。
リビングは、無垢の柱と大きな窓から差し込む光が全体を明るく演出。天井は屋根の形を活かした勾配天井で、梁の見える造りになっています。

職人の技が光る、落ち着きある和の空間

高品質の本格和室は、ササキハウスが創業以来こだわってきた空間のひとつ。天井には網代と呼ばれる部材を使用した飾り天井を施し、壁も熟練した職人による手作業で三重に塗った京壁仕上げです。柱は、集成材の四面にヒノキの化粧板を貼ることで、工法とデザインがうまく調和した造りになっています。
また、和室が二間続きになっているので、襖を開ければ親戚やお客様が訪れた時に広く活用することができます。

設計担当のコメント

御施主様には当初から様々なご要望があり、出来るだけ多くを盛り込む事を最優先に考えました。
その中でも、屋根付きのウッドデッキは御施主様のアイデア。周辺の風景をふまえて自然な形で、外観デザインに上手く調和させる事が出来ました。

住宅の概要

敷地面積
259.14㎡
延床面積
78.23坪
1階床面積
172.24㎡ 51.99坪
2階床面積
86.90㎡ 26.23坪
仕様
快適家族α ヴィンテージ(旧商品)
このページのトップへ