ササキハウス

実例 実例

  • HOME
  • 実例
  • 縦横に広がる大空間 暖かな完全同居型二世帯住宅

縦横に広がる大空間 暖かな完全同居型二世帯住宅

延床面積 180.51㎡(54.5坪)
1階 119.24㎡(36.0坪)
2階 61.27㎡(18.5坪)
構造・規模 木造軸組2階建
工法 木造在来工法
工期 5か月
家族構成 大人4人 小人2人
世帯数 二世帯

家族が「集まる」1階オープン空間と、テラスを囲むLDKの開放感

  • ▲ キッチンからはリビングダイニング、テラスまで見渡すことができ、家族の様子を見守りながら家事ができます。
  • ▲ 畳スペースを採用。お子様が小さいうちは、家具が少ないことで走り回れる空間がたっぷりです。

ご夫婦と二人のお子さん、ご両親の三世代6人家族が暮らすI様邸。
玄関・キッチン・水周りを共有する、完全同居スタイルの二世帯住宅です。
キッチンを中心に、L字型に配置したリビングとダイニング、更には色合いを揃えたテラスによって圧倒的な「横方向」の開放感になっています。
リビングにはソファを置かずに、好きな場所に座れる畳スペースを採用。柔らかな南の光が差し込む場所で、幸せなお昼寝タイムが過ごせます。
リビング階段は、手摺の小柱と蹴込のないスケルトン部分の空間が開放感を高めていると同時に、踏板のウッドと金属部分との対比も見事。
階段上部は、2階の勾配天井までの吹抜け大空間。「縦方向」の開放感に加えて、家族の気配がどこにいても常に感じられる工夫がなされています。

アイデアたっぷりのダイニング・キッチン

  • ▲ 二世帯分の食器も余裕でしまえる大型の食器棚。キッチンの床も床暖冷房で快適!
  • ▲ お子様の勉強もはかどるカウンターと吊り書棚を設置。家族内の伝言板としてホワイトボードを設置予定です。

周囲を回遊できるアイランドキッチンは、使い勝手が抜群。
調理スペースは、奥様とお母様が一緒にお料理しても十分な広さを確保。
キッチン横には、勝手口を備えた食品庫を設けた。風通しが図れると同時に、ゴミ出しも便利です。

家事負担を軽減する工夫と、各所に設けた豊富な収納

  • ▲ 大家族のお洗濯も、工夫いっぱいのスペースで楽々こなせます。
  • ▲ 明かり採りの窓のデザインが美しい玄関。お子様のお友達がたくさん来ても大丈夫な広さです。

ランドリースペースにはママスペースを設けて、洗濯~乾燥~アイロン掛け~折畳み~収納までの家事を1箇所で完結できます。
また、晴れの日には外干しができるスペースを外側に設けるなど、工夫が満載です。

玄関ホールには下足入れ+コート掛け、供用物入れがあり、寝室2間にはそれぞれ大型ウォークインクロゼットを設置。小屋裏収納は広々6畳の空間。更に、階段の踊り場下の空間も収納にする徹底ぶりです。
これらにより、居住空間に物を置かずにすみ、設計通りの広々とした生活が叶えられています。

明かりとのマッチングを工夫した居室

  • ▲ 真壁工法の本格和室
  • ▲ 1階寝室。天窓から明るい陽射しが注ぎます。

東南の門に位置する客間。庄内エリア在住のI様宅では、仏間の上に神棚を配置しています。
両面採光による広がりを感じさせる色合いの中に、5寸角の黒檀柱が引き締まって見えます。
南面には畳の他に板張り部分があり、雪見障子とマッチしています。

ご両親様の寝室は東北角に位置しますが、勾配天井に天窓を2つ設けているため、明るさを十分に確保しています。壁面のアクセントクロスや現し梁で、部屋に主張を感じます。

自分の時間を過ごす居室のある2階。部屋同士は大きな空間で繋がっています。

  • ▲ 窓際には、ご夫婦のスタディ・カウンターを設置。パソコンと沢山の書籍で、アカデミックな雰囲気になる予定。
  • ▲ 無駄のない長方形の子ども室。壁面は、ホワイトで統一しています。

勾配天井の現し梁のダイナミックさと、吹抜け空間のマッチングが絶妙です。南側テラスの窓と、北側カウンター窓により開放感いっぱいです。

ご夫婦のこだわり満載の寝室

2階東南角に位置する主寝室。大型ウォークインクロゼットに加えて、6畳の小屋裏収納もあり、収納量はバツグン!
また奥様のご要望のパウダーコーナーと、深夜勤務もあるお仕事のご主人が時間に気兼ねなく使用できるシャワールームもあります。

バルコニーはウッドデッキ調素材で設え、居室の延長の色合いにしています。春から秋まで、気持ちの良いプライベート空間になりそうです。

外張り断熱+LVL構造材+セントラルサーモ。機能美と構造美の融合。

  • ▲ カラーリングを内部に合わせて、ブラックとホワイト、ブラウンで統一した外観。

ご主人が建替えを決心された要因の一つは、一日も早くご両親に暖かな住まいを暮して欲しいという強い想いからでした。
その結果、家族が過ごす時間が長い1階部分には、基礎断熱された床下にエアコン本体を設置するセントラルサーモシステムを選択。
冬は床「暖」房で家中が均等に暖まり、夏は床「冷」房でヒンヤリ涼しい、一年中快適な住空間を実現しています。
また風流は適所に配置された床面のガラリから穏やかに出るので、エアコンにありがちな風の音も皆無です。

太陽光パネル搭載による省エネ化と、壁面の珪藻土(一部)による健康志向を両立。
施主様のやさしさに満ち溢れた、高機能住宅になりました。

間取り図

このページのトップへ